賃貸でも使える!はがせる素材を犬のデザインでカットして作るウォールステッカー
スポンサーリンク

ウォールステッカーは、子ども部屋だけでなく、リビングやトイレなどちょっとした空間も手軽に模様替えができるので人気です。今回は、そんなウォールステッカーをオリジナルで作る方法をご紹介したいと思います。お部屋の雰囲気を変えたいときに便利なウォールステッカーですが、小さいものをアクセントで使うのも素敵です

スポンサーリンク

カッティングマシンと再剥離粘着カッティングシートでつくる犬のウォールステッカー

カッティングマシンを使えば商品並のステッカーが簡単にできます、素材に再粘着シートを使うことで、貼り付け後、糊残りが無く、きれいに剥がせるウォールステッカーになります

使用するモノ

・カッティングマシン

↑私のハンドメイドグッズ制作には欠かせないのがカッティングマシン。いろいろなグッズづくりに大活躍

・カッティングシート再剥離

↑カッティングシートはステッカーの元になる素材です。後々剥がしたい場合には再剥離タイプを選びます、表面がテカテカしていないマット系を選択

・アプリケーションシート(転写シート)

↑アプリケーションシートは転写シートとも呼ばれ、切り抜かれたステッカーがバラバラにならないように固定しておく為の透明なシートです。よほど細かくない場合は粘着(中)位で大丈夫だと思います。粘着が弱いとバラバラになりやすく、強いと壁に貼った後剥がしにくいので、意外に選ぶのが難しいです

ウォールステッカーにするデザインの制作

最初にするのはどういうウォールステッカーを作るのかを考えて、デザインすることです。一から作るのが苦手な人は素材集や好きなキャラクター。もしくは言葉でも面白いかもしれませんね。個人で楽しむのにルールはありませんから自由に好きなものを考えて形にしてみましょう!

私が製作したのは子供部屋に使おうと考えた犬のイラストデザインです
犬がこちらを覗きこんでいるイラストにChild's roomの文字をデザインしました

デザインデータはイラストレーターで製作。カッティングマシンの種類によっては手書きのデータも読み込めますので、手書きが中心の方はカッティングマシン導入前に確認しておくとよいですよ

ついでに他のお父さんとお母さんの部屋用にもデザインを作ってみました。

イラストが割と上手くできた気がします(笑)

デザインデータ(今回はイラストレーターで製作)をカッティングマシンでカットするためには、カットする線がパスになっている必要があります。データはアウトライン化して余分なオブジェクトがない状態にしておきましょう。

今回使用しているカッティングマシン カメオでデザインデータを読み込むために、ファイルをDXF形式で書き出しておきます

左がアウトライン済みでカッティングマシンで使用できるデザイン。右の状態では綺麗にカットできません

カッティングマシンで出力するデータの準備

デザインデータをカッティングマシンに読み込んで送信すれば事前にセットしたカッティングシートがカットされます。

カッティングマシンカメオ付属の出力ソフトのシルエットスタジオでDXF形式で書き出したデザインデータを開きます
大きさなどを調整したら刃の設定をしたら送信
今回の刃の設定はブレード1:速度3:カット圧6:パス1

カッティングマシンで出力

カッティングマシンで送信する前にカッティングマシンにカッティングシートをセットしておきます

kかかxかxtかっかっtかってかっかカッティングシートはマット系の黒、白い壁に貼った時にテカらない方が良さそうな気がして選びました
つくるウォールペーパーの大きさに合わせてカット
カッティングマシンの台紙にセットします。シワなどがつかないように丁寧に扱いましょう
台紙にセットするときは、密着していること、縦横が真っ直ぐにセットされているかを確認します
カットは自動で終わります。終わったら台紙からはがします

カッティングシートを整えたらウォールステッカーのベースが完成

カットされたカッティングシートの余計な部分を取り除き。上からアプリケーションシートを貼れば完成です

使わない余計な部分を取り除きます
フックといわれる先が針のようになっている道具で、丁寧に取り除きます
使わない部分を全て取り除けました
このままだとレイアウトが崩れてしまうので、上から透明なシート(アプリケーションシート)を貼って固定します
アプリケーションシートはステッカーより少し大きくカットして、ステッカー全体を覆えるようにします
片方をマスキングシートで固定して空気が入らないように、アプリケーションシートを上から貼ります
最後にスキージでこすり、しっかり密着させておきます、中に入ってしまった多少の空気はこの時外に出せます

犬のイラストがかわいい、オリジナルのウォールステッカーが完成

オリジナルウォールステッカーは壁はもちろん色々なところに使えそうです。カッティングマシンがあれば結構簡単にできると思います

犬がコチラを覗いてる感じが、うまく出せたのではないでしょうか?

今回作ったオリジナルのウォールステッカーは、再剥離タイプなので壁に貼った後も剥がせるので賃貸住宅の人でも使えます。ステッカーシートやアプリケーションシートは値段も安く、大体が1mなどの計り売りなので長めに買っておけば色々使えて便利です!あまりに簡単だったので、色々なウォールステッカーを作ってみたくなりました。壁だけでなく、窓やドア、トイレや冷蔵庫用などのステッカーも色々作ってみようと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事