紙で犬のオブジェを作る・ジオメトリック(幾何学)デザインのペーパークラフト/カッティングマシンなら簡単
スポンサーリンク

ペーパークラフトは自分で作って楽しめる手軽な趣味としても人気で、

簡単なモノから、大人も楽しめる精巧な作品まで、種類もさまざま。

実際にできた作品は、インテリアやメッセージカードとして実用的にも使えます

何よりも、ハンドメイドならではの魅力がペーパークラフトにはあります。

今回は犬をモチーフにしたジオメトリック(幾何学)デザインのペーパークラフトをつくってみます

スポンサーリンク

犬のペーパークラフト。ジオメトリックデザインのカードを作る方法

犬をモチーフにしたカードタイプのペーパークラフト。
ジオメトリック(幾何学)とアイコンイラストタイプの2種類を作っていきます。

ペーパークラフトって何?

ペーパークラフト (paper craft)は、を素材とし、切ったり折ったりしてつくる、手作りの工作技術や趣味の一つのことを言います

紙と文房具だけでも出来る気軽さに加え、
ペーパークラフトは非常にクリエイティブで楽しい趣味であり、
初心者から上級者まで幅広いレベルの人々に愛されています。

インターネット上には、無料でダウンロードできるテンプレートやチュートリアルが豊富にあり、自分の好みやスキルに合わせてプロジェクトを選び、楽しむことができます。

また、ペーパークラフトは教育的な側面もあり、幼児から学生まで、手先の器用さや創造力を発揮するためのツールとしても使われています。

画用紙を使った、犬モチーフのペーパークラフトの作り方

 今回つくるペーパークラフトは、ジオメトリックデザインとアイコンイラストの2種類で、黒い画用紙を使います。


通常のペーパークラフトはカッターやハサミでカットしますが、
今回は、カッティングマシンを使って作ります。

もちろんカッターでもできますが、カットが細かい場合、
自分でカットするのに、技術が必要になります。

カッティングマシンは思いついたデザインを、カッティングマシンが自動でカットしてくれるので便利です

今回作った犬のオブジェの作り方は動画でもご覧になれます

使う材料

今回の制作で使った材料をご紹介しておきます

使うもの

▶︎カッティングマシン

カッティングマシンはペーパークラフト作りにも大活躍するマシンです。
もちろんカッターやハサミで作るのも楽しいですが、
複雑な形状や何個も作りたい場合にも使えるのでハンドメイド好きには便利なアイテムです

シルエットカメオ4 ブラック カッティングマシン SILH-CAMEO-4-BLK-J グラフテックsilhouette CAMEO4 は、初めて使う方でも、紙やカッティングフィルム等のさまざまな素材を簡単にデザイン、カットすることができます。

▶︎水性防水ニス

ニスは紙の強度をあげるのに使います。紙に使うなら、滲まないタイプがおすすめです

パジコ(Padico) 塗料 スーパーエクステリア グロスバーニッシュ 透明

▶︎画用紙:黒

画用紙はある程度厚みがあれば、何を使ってもOKです

トーヨー 色画用紙 B4 30色 30枚入 106110

▶︎アドビ イラストレーター

デザインにはAdobeのイラストレーターがオススメ
カッティングマシンについてくるソフトでもデザインができるものもあります

Adobe Illustrator | 12か月版 | Windows / Mac / iPad 対応 | オンラインコード版

ペーパークラフトのデザインを考える。ジオメトリック デザインをイラレで作る方法

イラストレーター(mac)で、ベースのジオメトリックデザインを作っていきます

ペンツールで犬の輪郭を書いていきます
対角線に線を引きながら、幾何学なイメージを作っていきます
Point

犬の輪郭と簡単なパーツ(目・鼻・口)を書いて、アンカーポイントを対角線上でつないでいくと、簡単なジオメトリックデザインができます

ジオメトリック(幾何学)デザインの完成
パスをアウトライン化
パスをアウトライン後にオブジェクトを合体
アウトラインした後に、パスが綺麗になっていればOK。カッティングマシンでカットする為には、パスが綺麗に繋がっている必要があるので、プレビューで見て確認しておきます。
完成したイラストはDXF形式で書き出します
DXF形式形式で書き出すのは、カッティングマシン:カメオで使えるデータにするためです。
DXF形式:書き出し設定はこちら

デザインに合わせてカット(カッティングマシン使用)

DXF形式で書き出したデータを、カッティングマシン:カメオに付属の
無料ソフトのシルエットスタジオで開いてカットします

シルエットスタジオのソフトを立ち上げたら、DXF形式のファイルを挿入します
シルエットスタジオに挿入(配置)されました
大きさを調整します。左上が開始(原点)位置です
別のデザインも制作しました。犬のアイコンイラストです
アウトライン化を綺麗にして、DXF形式ファイルで書き出し
シルエットスタジオに挿入
大きさなどを調整。カットする画用紙の大きさに入るようにします。
2個ずつあるのは、2枚貼り合わせて強度を出すことにしたからです
カッティングマシンの刃の設定
画用紙は100均ダイソーで購入
画用紙の黒色をセット
カットされたら余計な部分を取り除いていきます
まずは大枠を取り除いて
細かい部分も取り除きます。ジオメトリックデザインの方は、細かいので丁寧に進めました
2枚重ねて、貼り付けていきます
2枚がずれないように、のりで貼り付けます
のりが乾燥するまで待ちます

もう少し強度を出す為に、水性ニスを塗って完成

2枚貼り付けた時点で完成ですが、
水性ニスを塗る事で、強度が出て防水にもなります

グロスタイプのニスにしたので、画用紙のマット感がどのくらい変化するか試してみました
グロスタイプのニスにしたので、画用紙のマット感がどのくらい変化するか試してみました
ニスは薄く何度かぬります
乾かしながら重ね塗りしたら、完成です。
Point

ニスを塗ると、耐久性・耐水性が上がりますが、質感が変わる事もあります

ジオメトリックとアイコン、2種類のデザインでカードのペーパークラフトが完成

犬をモチーフにした、ジオメトリックとアイコンタイプのペーパークラフトが完成
2枚重ねとニス塗りのおかげで、強度もそこそこあって
ちょっとした、オブジェクトにもなりそうです

ジオメトリック(幾何学)デザイン。クールな印象で、少しアート感も出ますね(笑)
紐をつけたら色々使えそうな気がします、画用紙の色を変えても良いですね。
強度もそこそこあるので、簡単に破れたりしません
ガラスに挟んでもよさそう
薄いけど丈夫です
犬のアイコンイラスト風もつくってみました
斜めに見ると面白い。グロスタイプのニスを塗ってみましたが、そになに光沢はでませんでした。
スポンサーリンク

まとめ

ペーパークラフトは紙だけでつくれるので、ハンドメイド好きにはオススメ
簡単なものから本格的なものまで種類も多いので、初心者からベテランまで楽しめます


ジオメトリックデザインのタイプは紙を変えれば、ペーパーアクセサリーにもなりそうなので
またペーパーアクセサリーも作ってみたいです

カッティングマシンを導入して分かったのは
色々なペーパークラフトを簡単に作れそうなので色々楽しみたいと思います!

スポンサーリンク

無料で使えるペーパークラフトサイト

キャノンのサイト
約1000作品のペーパークラフトがダウンロー出来ます。説明書もダウンロード出来て親切
DLはこちら

ペーパーミュージアム
のりものやいきもの、食べ物などのペーパークラフト素材が300以上!ミニチュアハウスが楽しそう
DLはこちら

ブラザー
18種類のペーパークラフトがあります。本格的に楽しめるモノもありますよ
DLはこちら

キッズ@nifty

乗り物や恐竜など子供向けのペーパークラフトが35種類あります。解説も付いてるのでわかりやすいです
DLはこちら

今購入できる、犬のペーパークラフトもご紹介

ペーパークラフトは商品としても販売されています
犬のペーパークラフトのクオリティにびっくりしました(笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事