犬がお尻をくっつけるのはなんでだろう?その理由は?・信頼の証と安心感

わんちゃんがお尻を向けてくっつけてくることはありませんか?

人間だと失礼な行為ですが
わんちゃんにとってこの行動にはある気持ちが込められています。

今回はそんなワンちゃんの行動と理由について解説してみようと思います

そもそもは、はるか昔の野生時代の名残から来る習性

その昔
犬が野生動物として暮らしていた時代には、
群れで生活していた犬は、集団集まって
お互いにおしりや背中をくっつけて、休んだり眠ったりすることで、自分たちを守っていました。

その習性が現在も残っており、飼い主におしりをくっつけるということは、犬たちにとって安心感を得られる行動のひとつといわれています。

そう聞くと想像できないですが、
はるか昔、野生動物時代の犬をとりまく環境は
現在とかけ離れた危険なことが 、日常茶飯事におこっていたのでしょう


お尻をくっつけるのは、信頼する相手への安心感の証

ワンちゃんが飼主にピッタリとお尻をくっつけて身をゆだねてきたら、それはワンちゃんから信頼されている証といえます

犬は本来、背中を見せたがらない動物です。
背中を見せて、お尻をくっつける行動は、それが信頼の置ける相手であることを意味しているのでしょう。

人間同士でも体をくっつけることでぬくもりを感じられ、ホッとしたりするのと近いのかもしれません。

ワンちゃんがお尻を向けてくっつけてくる場合
甘えたい、安心感を得たいう行動です。

子犬のとき、母犬にくっついて寝るのを見たことがありませんか?
これは母犬と一緒にいることで安心感が得られるからですよね

これと一緒の気持ちで飼主にもお尻を向けてくっつけて来るのだと
考えられています。

また、不安なときも安心感を得ようとして、飼い主にお尻をくっつけてくることがあります。

そういった理由から
わんちゃんが飼い主にお尻を向けるのは、
心を許しているサインです。犬にとってお尻や背中は急所なので、
心を許していない相手に対しては、
身を守るため本能的にお尻を向けないようにします。

そのため、お尻を向けてくるのは「信頼感・安心感・甘えたい」という気持ちの表れで、リラックスしている状態です。

人間の感覚だと
人にお尻を向けるの?なんで!!と思うかもしれませんが、

飼主とワンちゃんに信頼関係がある証で
認めてくれているという喜ばしい時行動なんです!

お尻を見せない・くっつけない場合は注意

逆に全くお尻を見せない・触らせない
という場合はどうでしょう?

これは
触る人を信頼していないということです。

家族になって日が浅い場合は信頼もまだ浅いので
徐々に信頼を得ることで解決するでしょう

また急にお尻を見せない・くっつけなくなった場合は
病気や老化の可能性もあります

そうでなくても
何らかの変化が起きている可能性があるので

注意深くワンちゃんを観察して原因を探るようにします
不明の場合は獣医さんなど専門家に意見を聞いてみましょう


まとめ

いかがでしたでしょうか。
わんちゃんがお尻をつけてくるという行動は信頼や安心の証だったんです・

わんちゃんがお尻をつけてきたら
優しく撫でる・話しかけるなどで
積極的にスキンシップをとり

愛犬との絆をより深めてみてはいかがでしょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事