ワンちゃんのオリジナルTシャツの作り方・チワワ用にオリジナルデザインをプリント
スポンサーリンク

犬が服を着ているのをみるとどう思いますか?かわいいと思う人もいれば、必要ないんじゃないの、と思う人もいるでしょう。いろいろな見方がある犬服ですが、わたしの飼っているチワワで言うと、服は役に立ってるんですよね。というのも、チワワは寒さに弱いので冬は防寒対策・夏は紫外線対策にも、普段でも虫や植物のアレルギーや小枝・針金などで肌に傷がついてしまうのを防いでくれたりもします。特に小型犬は少しの障害で怪我をしたりしますので服を着る事で防げる怪我や病気はあると思います。そんなオシャレだけではない面もある犬の服。今回は犬の服でもTシャツをオリジナルデザインで作ってみました

スポンサーリンク

犬のオリジナルTシャツはカッティングマシンで簡単に作れる

今回犬のTシャツを作るにあたって考えたのは、チワワ→小さい→かわいい流れのイメージとは違う感じで、少しクールなトーンでつくってみる事にしました

犬Tシャツボディ
今回購入した無地の犬用Tシャツ(XSサイズ)です。これをボディに使います

1.デザインを考えます

このデザインはFuturaという有名なフォントをベースにして、『犬と私』をキーワードに展開してみました。チワワのアイコンも作ってデザインに取り入れてみようと思います

デザインで制作したデータ
デザインを出力してTシャツに置いてみます
パーツごとに切り分けてから使いました
実際のサイズでおきながら位置とイメージを考えていきます

2.デザインをデータにする

完成したデザインはカッティングマシンのソフトで最終的に反転※してから、送信をクリックしてカッティングマシンに送ります。今回、刃の設定はブレード1:速さ3:厚み6にしました。使用した素材(アイロンプリントシート[熱転写ラバーシート ])の厚さは80μです

 ※アイロンをかけたときにデザインが正しい向きになるように、アイロンプリントシートを使う際はデザインを反転する必要があります。

完成したデザインをカッティングマシンカメオ3の付属ソフトSilhouette Studio®で読み込みデザイン素材をアイロンプリントシートのサイズに合わせて調整していきます。Silhouette Studio®はデザインもできますので便利ですよ

3.デザインをカット

実際に使うデザインが決まったらカッティングマシンでアイロンプリントシートをカットします

使用するサイズに合わせてアイロンシートをカット
アイロンプリントシートをカッティングマシンにセット
カッティングマシンでカットされたデザインの余分な部分をカス取りします。
Tシャツに熱転写するデザイン素材の完成

4.デザインを熱転写します

カットされたアイロンプリントシートを熱転写すれば犬用のオリジナルTシャツが完成です

中温(140度前後)でプレスしていきます。アイロンプレスマシンを使っていますが、アイロンでもできます
使われるアイロンプリントシートはこんな感じです
シリコンペーパーをのせます
5秒ほどプレス後、少し冷めてからフィルムを剥がします
最後にシリコンペーパーをのせて2秒仕上げプレスして定着を完全にしましょう
デコボコしていたり、厚みがある柔らかい場所などには厚めのシリコンゴムを中敷きします
全ての場所に熱転写ができました

5.ネームタグを縫い付けたら完成

ネームタグを縫い付けるとぐっとブランド感がでます。ブランドネームと呼ばれるだけあって、オリジナルブランドには欠かせませんね、何より愛着が湧くんですよね

フットコントローラーがない(つかない)!!祖母から譲り受けた旧式のミシン。フットコントローラー付きが欲しいです(苦笑)
なんとかつきました。実はミシンをほぼ初めてさわりました。。。

ついに、完成しました

無地のTシャツが立派(?)なオリジナルTシャツになりしました〜

INUTOMEは犬と私をモジっています。ネームタグは少し変則的な場所につけました
写真だと綺麗にみえますが、タグの縫い付けが。。。もう少し上手く縫いたいな〜
CANINI(キャニーニ)というロゴもさりげなく
うちのリリー(チワワ)に着てもらいました
個人的にネームタグが好きなんです
リリーには少し怖がれましたが、カワイイ写真も撮れました。ありがとう
次はパーカーで作ってみようと思います

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事