ストラップ付きキーホルダーを手作り・シンプルにおしゃれなブランド風のデザイン。ハンドメイドの素材はアリエクスプレスで探すのもアリ!?
スポンサーリンク

毎日使うお家や車の鍵につけるキーホルダーを
好きなデザインや文字でストラップに入れるとオリジナルキーホルダーに!

ハンドメイドで簡単に作れて楽しいのでD.I.Y.初心者にもオススメ

今回はオリジナルデザインで
キーホルダーのストラップにつくる方法をご紹介します

スポンサーリンク

初心者でも簡単なストラップにオリジナルロゴやデザインを入れた、キーホルダーの作り方

今回つくるキーホルダーは、
ストラップ部分にオリジナルデザインを入れるだけの簡単ハンドメイド
初心者でも簡単にできます

↑動画で見れるキーホルダーの作り方はこちら

使うものを確認

キーホルダーのストラップに文字やデザインをいれるのに必要なものはコチラ

使うもの

▶︎無地のキーホルダー(ストラップ付)

MAGARROW タクティカルリストレットストラップ ハンドリストストラップ キーチェーンホルダー キー用 (ブラック)

▶︎アイロンプリントシート

VINYL FROG 熱転写ラバーシート アイロンプリントシート ブラック(黒) 300cm×25cm

▶︎カッティングマシン

ラベルシートをカットするのにも使えるカッティングマシンは、自分がデザインした模様に沿って、自動で紙やシール紙をカットしてくれるマシン。カッターを使ってカットするよりも正確に、同じものをたくさん作るときでも簡単・スピーディーにカットすることができます。

シルエットカメオ4 ブラック カッティングマシン SILH-CAMEO-4-BLK-J グラフテック
ホームデコをはじめとする DIY や、アイロンプリントシートでのオリジナルファッションアイテムの作成、ペーパーアイテムや、カーステッカー等、様々な用途でお使えます。

▶︎アドビイラストレーター(カッティングマシンのソフトでも可)

デザインにはAdobeのイラストレーターがあった方が良いです
カッティングマシンについてくるソフトでもデザインができるものもあります

Adobe Illustrator | 12か月版 | Windows / Mac / iPad 対応 | オンラインコード版

aliexpressならハンドメイドの素材も安い!

中国の通販サイトaliexpressはすごく安いアイテムがたくさんありますが、若干当たり外れがあります(笑)ので、多少見極めるコツが必要になってきます。


輸入なので、届くのにも時間がかかりますが、送料無料も多いです。
時間に余裕がある場合には検討してみてもよいでしょう。

1
キーホルダーの素材は海外から個人輸入(aliexpress)で120円ほど。100均にも同じタイプのものがあります。ストラップ(デザインを入れる部分)とキーリングが欲しかったのでコチラにしました

おしゃれなオリジナルデザイン・ロゴキーホルダーのつくりかた

オリジナルキーホルダーの
作り方は簡単の3行程

❶デザイン
❷カット
❸アイロン(熱圧着)

で完成します

❶入れるデザインを考える

最初にデザインをつくっていきます、まずストラップ部分に入れるロゴを作っていきます

CANINIという文字はFutura、Tokyoの文字はHublland Regularというフォントをベースにデザイン
デザインが決まったらデータをアウトライン化します。
その後DXF形式(AutoCADバージョンを [R13/LT95]or [R14/LT98/LT97] )で書き出し。
※アップル・Macintoshのイラストレーターを使用
先程アウトライン化後にイラストレーターで書き出した、DXF形式ファイルをカッティングマシン カメオのデザインソフトシルエットスタジオで開いて大きさ等を調整
使用したアイロン熱転写シートは80µm(0.08mm)。カット設定はブレード1、スピード3、カット圧5で送信
Point

アイロンプリントシートは送信前に必ずミラー反転(左右反転)にしてからカットします。

❷カッティングマシンでカット

カッティングマシンにアイロン(熱転写)シートをセットしてカットします

使うサイズにアイロン(熱転写)シートをカット
使うサイズにアイロン(熱転写)シートをカット
アイロン(熱転写)シートをカッティングマシンにセット。※他の素材も同時にカットしている為、キーホルダーには使用しない、黒とピンクのシートもセットされています
アイロン(熱転写)シートをカッティングマシンにセット。
※画像では他の素材も同時にカットしている為、キーホルダーには使用しない、黒とピンクのシートもセットされています
自動でカットされるのを待ちます
自動でカットされるのを待ちます
カットされたら余計な部分を取り除きましょう
カットされたら余計な部分を取り除きましょう

❸熱でプリント(熱圧着)で完成

アイロン(熱転写)シートの上から熱を当てればキーホルダーのストラップにプリントできます

熱圧着はアイロンでもできますが、私はヒートプレスマシンを導入しています。
熱圧着はアイロンでもできますが、私はヒートプレスマシンを導入しています。
入れるデザインの場所などを確認
入れるデザインの場所などを確認
下にある黒いものはシリコンマットです。プリント部分のうしろにおいておくと、圧力がかかりやすくなり、熱プレスが簡単になります
下にある黒いものはシリコンマットです。プリント部分のうしろにおいておくと、圧力がかかりやすくなり、熱プレスが簡単になります
こちらを熱でプリントすることにしました。120度で20秒プレス
こちらをプリントすることにしました。120度で20秒程プレス
少々冷めてから透明フィルムを剥がして、仕上げに2秒プレスして完成
少々冷めてから、アイロンプリントシートについている透明フィルムを剥がして、仕上げに2秒プレスして完成

オリジナルデザインのキーホルダーが完成

カッティングマシンなどの道具はあった方がよいですが、手作業でもできます
行程自体は簡単なので、オリジナルキーホルダーの完成です!

熱で転写しているので、そう簡単に剥がれたりしません!
熱で転写しているので、そう簡単に剥がれたりしません!
シンプルでおしゃれなブランド風(笑)を意識してみました
シンプルでおしゃれなブランド風(笑)を意識してみました
文字やデザインを変えれば、色々な用途で使えそうですね
文字やデザインを変えれば、色々な用途で使えそうですね
スポンサーリンク

まとめ

オリジナルデザインのキーホルダーは簡単に作れるわりに
グッズ感がだせるアイテムだと思います

メッセージを入れてプレゼントもできるし、
今回のストラップはそれなりに強度があるので
アウトドアやカバンなどを吊って、壁掛け収納にもできます

わたしは外で椅子に座った状態の時に
ワンコを繋ぐ(小型犬)のにも重宝しています

今回使用した、
カッティングマシンはプラ板やステッカーなどもつくれるので
かわいいタイプのオリジナルキーホルダーも作っていく予定です!

↑丸型オリジナルステッカーのつくり方
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事