【100均DIY】オリジナルのマグカップを自作・デザインとイラストはイラストレーターで制作
スポンサーリンク

食事やティータイム、仕事や読書、ちょっと一息つきたいときやおしゃべりのひととき、
身近で毎日使う「マグカップ」。いろいろなデザインが楽しめるのも魅力。
毎日使用するからこそお気に入りを使いたいですよね!
せっかくなので安く作れるように、100均で無地のマグカップを購入して
制作費用もおさえつつ
オリジナルのマグカップを作ってみることにしました。

スポンサーリンク

今回は簡単に作れて、変更もできるように制作

オリジナルマグカップを自作する方法はいくつかありますが、今回は、簡単・簡易的に作れる
カッティングシートで作ってみます。
カッティングシートと聞いて

ステッカーは簡単に剥がれてしまうでしょ?
洗えないんじゃ?

と思いますよね
しかし、粘着度の高いカッティングシートなら
使用頻度によりますが洗ってもしばらく使えます

同じデザインでずっと使いたい場合、
今回の方法は向きませんが
オリジナルで作ってみたい、何かのイベントやパーティー、デザインをたまに変えたい
人に向いています!


簡単に作れて変更もしやすいオリジナルマグカップのつくり方

それでは作っていきましょう、作り方は簡単で下の3工程でできます

1.デザイン
2. カッティングマシンでカット
3.マグカップに貼り付ける

1.デザイン

マグカップにどういうデザインを入れるかを考えます。個人的にはこのデザイン部分が一番重要だと考えています


デザイン制作にはイラストレーターを使用。caniniに犬と暮らす的な意味dog lifeという文字、
犬のアイコンを入れて構成
フォントはSheilaをベースにデザイン

カッティングマシンで出力する為に、デザインオブジェクトのアウトライン化が必要です。カッティングマシン(プロッタ)はパスに沿ってカット加工を行なうので必要です。不要なパスが残っているとそこもカットされちゃいます!
illustrator(Mac)は「command+Y」でアウトラインの表示にできます
上の画像のように、複数のオブジェクトのアウトラインバスが重なっている場合、合体してひとつのオブジェクトになるようにします。
illustrator(Mac)の場合「パスファインダー」の「合体」でオブジェクトを合体できます。
デザインを書き出しでおきます。今回使うカッティングマシン(プロッタ)はシルエットカメオで無料専用ソフトのシルエットスタジオを使ってデータ送信します。その為DXF形式のファイルで書き出しておきます

書き出し設定はこのようにしました

TIPS:画面上でデザインとマグカップを合成してみると失敗が減ります

作ったデザインを画面上で合成してみると、仕上がりイメージや雰囲気を事前に把握できて失敗を防ぎやすくなります。仕事で受注した時などはこの工程を入れると安心な場合が多いです。モックアップ※とか言うらしいです

モックアップとは、工業製品の設計・デザイン段階で試作される、外見を実物そっくりに似せて作られた実物大の模型。ソフトウェアやWebサイト、印刷物などデザイン確認用の試作品も含まれることが多い。

2. カッティングマシンでカット

デザインデータを専用ソフトのシルエットスタジオで開き、大きさやカットの設定をしたら、送信→カットします

書き出したDXF形式のデザインファイルを専用ソフトのシルエットスタジオで開きます
DXF形式はAutoCAD として認識されています
DXF形式のデザインファイルを開いたら、大きさとカット設定などを調整して送信

カット設定はコチラです

カッティングシートをカッティングマシンにセット

専用ソフトのシルエットスタジオで送信すれば、カットが始まります
カットが終わったら、余計な部分を取り除きます
細かい部分も綺麗に取り除きます
カッティングシートの余計な部分を取り除く作業(カス取り)はデザインが細かいほど大変になります(笑)
余計な部分の取り除きが終わったら、カッティングシートの上から透明なシートを貼ってデザインが崩れないように固定しておきます
一度デザインを固定して、デザインより少し大きめに切ったアプリケーションシートを上から貼ります
丁寧に貼っていきます
上からスキージを使って固定します
アプリケーションシートを貼り終えたら、カッティングシート下の台紙を剥がして、いよいよマグカップに貼ります

3.マグカップに貼り付ける

最後の工程。あとは貼り付ければ完成です。

マグカップはダイソーで100円の無地・白色です
シワやゴミが入らないように貼っていきます
マグカップを事前にアルコールで拭いておくと綺麗に貼りやすいです
最後にスキージで空気やシワがあればなくします
しっかり密着されていることを確認
完成しました!

オリジナルデザインのマグカップが完成しました

デザインして貼るだけの簡単ハンドメイドです。カッティングシートは耐久性のある高品質なものを選ぶと
結構長持ちします
私の場合は毎日洗っても1か月以上は全然持ちました!

犬モチーフのマグカップ
使った道具
 カッティングマシン:シルエットカメオ
 カッティングシート:屋外・耐水性あるものがオススメ

 マグカップ:100円ショップで無地のもの

個人的に気になった購入できるマグカップ:マグテイル

動物好きならきっと気に入るKINTOのマグテイル。
カップ本体に動物のシルエットが型押しされ、その動物のしっぽ部分がカップからはみ出てくっ付いているデザイン。モチーフとなる動物の大きさに合わせてカップの大きさが違うのも面白いです

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事