影絵の作り方・ダイソーの懐中電灯と画用紙で犬の影絵アートの作り方。影絵遊び・子供
スポンサーリンク

紙で作った動物や乗り物に、暗い場所で光をあてて影を映す影絵、手でも作れるので子供の頃に一度はやってみたことがあるのではないでしょうか。

光と影が作り出す幻想的な世界は、大人でも楽しめます。

今回はダイソーの懐中電灯と画用紙を使って影絵を作っていきます!

スポンサーリンク

子供も大人も楽しめる犬の影絵アートのつくりかた

ダイソーの色画用紙をつか買った影絵づくりをご紹介します

作り方は光の透けない厚さと色の画用紙を切り抜き、
表面をOPPテープで貼って、後ろから懐中電灯を当てるだけです

部屋は暗くして、投影するのは白い壁が一番影がよく見えます

光を当てる角度や距離で形や色の濃さが変化して面白いですよ!

用意するもの

・ダイソー色画用紙(黒)
・ダイソーの懐中電灯
・OPPテープ
・カッティングマシン(カッターでも可能)

画用紙と懐中電灯だけでもできますが、カッティングマシンがあると、色々なモチーフが作れて便利です

今回はカッティングマシンを使います。器用な方はカッターで手作業もOK

カッティングマシンを使えば好きなモチーフを好きな形にカットできます

カッティングマシンを使った、具体的な作り方を見ていきましょう

シンプルなアイコンイラストを描きます

影絵なので、形をシンプルに、わかりやすいモチーフを描いてみました

左から犬、骨、車(セダンタイプ)、車(クーペタイプ)
カッティングマシンでカットするので、余計な線や点などがないか確認。
カッティングマシンはデータ上にあるすべての線をカットするので余計なオブジェクトがあると綺麗にカットできません
デザインが完成したらDXF形式のファイルで書き出します
カッティングマシンのソフトで読み込み、カット設定をしたらカットします!

カッティングマシンで画用紙をカット

当たり前ですが、カッティングマシンは台紙に紙をセットするだけでカットされます

懐中電灯の直径に合わせて画用紙をカットしてから、カッティングマシンの台紙に貼り付けます
カットされたら余計な部分を取り除きます
カットの完成
このままだと、(車のタイヤ、窓部分など)レイアウトがバラバラになってしまうので、OPPテープを表裏に貼ります
これで固定されました
いろいろなモチーフをつくりました

影絵は光の当て方で大きさや形が変わります

LEDのスポットライト(または懐中電灯)はなるべく素子・光源が一つのものを選びまましょう。素子とは、LEDの粒のことで。複数のタイプだと影がくっきり見えないこともあります

まず犬を試しました、結構はっきりでました
骨はシンプルなのでわかりやすいです
車は少しわかりずらいですね(w)
スポンサーリンク

まとめ

簡単で遊べる影絵遊び

カラーセロハンを貼って色をつけたり、

光との距離や角度を変えて、影絵を変化させて

面白い形に変形できるのでイマジネーションも膨らみます

こどもと一緒にストーリーと役柄をつけて遊ぶのもお勧めですよ〜

↑影絵づくりの工程動画もあります
↑贈る相手の名前を入れたバースデーカードのつくりかた
↑金箔・箔押しは自宅でもできます!
飾れるメッセージカード 駆け出すほど嬉しいコト ペーパークラフト 犬 イラスト

PICK UP

飾れるメッセージカード
駆け出すほど嬉しいコト

¥380  税込

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事